考古学の真実はここにあるかもしれません。

2ちゃんねるの国 >> 考古学 >>

2004年10月のアーカイブ

1-51-101-151-201-251-301-351-401-451-501-551-601-651-701-751-801-851-901-951-全部
  1. 出土地不明 []05/03/12 21:26:32ID:UlOeNcRy

    http://asjnajs.bufsiz.jp/

  2. 出土地不明 []05/03/13 01:44:20ID:ofTCL9oL

    川、湖、海などは誰がどうみても重要な交通路。 
    筏か船、または浮き袋があればどこへでも行ける。 
    あと、水辺のほうが資源が豊富。 植物も多いし、陸の動物もやってくる、そして水の動物もいる。 
    鳥も水辺に定期的に訪れる。 
    以上のことを考えれば人間が水辺にそばに住むのは当然。 

  3. 出土地不明 [sage]05/03/13 19:12:06ID:Om9iJXTh

    猛獣も来るし水害もおきるし病害虫も発生しやすいな。
    たしかに水辺に住むのがよさそうだ。

  4. 出土地不明 []05/03/13 19:42:16ID:G9o/PEj2

    >>300
    淡水近辺っていうのは間違いないっていうか、人間の生理的なもので
    発汗と、排尿からみて、かなり水分を使うことは事実で、1時間で、
    1リットルとか水を出してしまうわけだから、その水の補給ができない
    といけない。まあ、現代人と同じ速度で走ったり歩いたりしていたと
    しても、2時間ごとには水を飲む必要がある、とか考えると、まあ、
    せいぜい、淡水から、10キロから20キロ程度までが行動範囲だった
    ということになるんではないかな。
    石器の進歩や住居などの進展からみて、ホモ・ハイデルベルゲンシス
    段階(50万年前ごろ)に至るまでは、水を運ぶ手段はおそらくなか
    ったと思われる。ようするに、容器だね。動物の胃袋とか膀胱をつか
    ったりした容器などは遺跡にも残らないからわからないけれど、これら
    は、中期旧石器時代(ネアンデルタール人やホモ・サピエンス段階)
    では、使っていても不思議はない。ダチョウの卵をつかった容器なども
    あったりする。
    ってわけで、初期人類から、ホモ・エレクトスは、淡水がわき出ている
    ような場所から、せいぜい数十キロの範囲でしか行動できなかったので
    はないか、と思うわけだ。
    ただ、そうはいっても、淡水魚をとらえたりした痕跡はホモ・サピエンス
    段階にならないと見つかっていない。水は飲んだが、淡水魚は淡水生物
    を食べるようなことはなかったのでは、ということになっているな。
    アフリカをでたホモ・サピエンスは、アラビア半島、インドなどで、
    盛んに海の魚介類を食べているわけだが、これは10万年前以降のこと。

  5. 出土地不明 [sage]05/03/13 22:23:52ID:f0VD+hgZ

    淡水に依存しないと生きていけないというのと水辺や水中に住んで
    なきゃいけないのとは話がまったく別だと思う俺が変なのか?

    >1時間で、1リットル

    通常の生活でそんないきおいで排出してたら明らかに病気なわけだが。

    >淡水がわき出ているような場所から、せいぜい数十キロの範囲でしか
    >行動できなかったのではないか、と思うわけだ。

    何キロも離れているようなところを水辺とはいわないぞ。日本語では。

  6. 出土地不明 []05/03/13 22:50:03ID:kIWFUqMy

    >>305
    いやだから、基本的に人類の起源とされるようなアウストラロピテクス
    とか、ホモ・なんちゃらってのは、まあ、アフリカの中でも、暑そうな
    ところに住んでいた形跡があるわけで、そういうところで、普通、
    炎天下を一時間も走ったり歩いたりすると、1リットルは汗かくよな、
    って思うわけ。実際、一昨年減量のために、せっせこせっせこ30キロ
    くらい歩くとかやったけれど、水の消費はすごいもの。全身ずぶぬれ。
    あ、季節は5月とかそのころだけど、日本で。
    だから、1時間で歩くとすると、まあ、せいぜい10キロだろう。
    これも多少小走りでね。だから、一度に水を数リットルは飲めないから
    水の補給なしだと、20キロ歩くのも大変そうだし。だったら、生活
    の基盤が水辺で、水の補給が可能なところから、せいぜいがんばっても
    20キロか30キロの範囲しか、人間でていけなかったと見るべき。
    っていう意味。ふつうは、数キロ以内だったと思われる。
    大型動物の狩りとかは、普通、長距離追いかけて疲れるのをまって、
    っていうのが、アフリカの狩猟民などのやり方だが、彼らは、水を
    もって歩くからね。今じゃあ、ポリ瓶とかペットボトルに水いれて、
    運ぶでしょ。昔は、動物の膀胱とかだったと思うけど。水をもって
    歩けるようになったのは、古くみつもっても、50万年前ぐらいから
    だと思う。

  7. 出土地不明 [sage]05/03/14 06:43:57ID:oYLxO0WA

    アラビア人の羊飼いなんか、断食月には、飲まず食わずで昼間中炎天下で羊の番だよ。
    回教のの暦は季節の補正をしないから、年によっては断食月が真夏にあたることもある。
    結構平気な感じで明け方出かけていって、日暮れ頃に帰ってくる。

  8. 出土地不明 []05/03/14 12:30:22ID:zEuLzi3F

    >>307
    それって単にボケーと座ってるだけだろ。
    で、アラビア人の羊飼いさんは羊の胃袋に満タンの水持ってるだろ?

  9. http://chobikouryaku.gozaru.jp/ []05/03/14 16:07:29ID:HLDAHmzV

    なるへそ

  10. 出土地不明 [sage]05/03/14 17:06:38ID:rfJT2pVx

    >>306
    なんだかえんえんと書いてるけど、ポイントずれてるよ。

    まず、水から1キロもはなれたら「水辺」や「水中」とは普通言わないという、
    ごくごく単純な事実には気づいてる?水のあるところに近所に住んでただろう
    ことは誰も否定してない。

  11. 出土地不明 []05/03/15 00:26:12ID:cCnQSKVx

    >>307
    やっぱり、彼らタフだね。すごいね。
    まあ、ラマダンは、日の出から日没までの間だから、夏なんかだと
    たしかに、16時間かもっとかな、飲まず食わずだね。唾液がたまると
    吐き出すっていうしね。それくらい厳格にまもっている人もいるねぇ。
    まあ、それでも、実はアラビア人などは、やっぱり文化的にはたいした
    もので、着ている衣装の問題もあろうかと思う。必ずしも白いもの
    ばかりじゃないが、水分保持をしやすいもので、汗をかきにくいように
    するなど工夫があると思うね。
    だから、「水辺から30キロ」とか書いたわけ。30キロっていうと、
    まあ普通に歩けば5時間やそこらはかかるから、往復すると10時間。
    その間くらいは水なしでもなんとかなるように、っていうことです。
    >>310
    だけどさ、水辺っていっても、広大な大河や広大な湖の水辺ってかなり
    広いよね。流域って30キロじゃすまないよ。日本の場合だと、川辺
    っていえば、川から100メートル以内くらいを思うかもしれない
    けれど、アフリカの大地からすれば、ナイル川から30キロは十分に
    ナイルの流域のそれもごくごく川に近い「川辺」だよ。

    考古学的にわかっているのは、だいたいそういう「川や湖」から数十
    キロの範囲くらいの、疎林と草原のモザイク、っていうのが初期人類
    の住んでいたところらしい、って話だよね。

  12. 出土地不明 []05/03/15 00:40:44ID:lT4nSS9R

    考古学板は鬼塚健太郎っていうキチガイの無駄長文がウザいよな
    ここはおまいの日記帳じゃねぇよっての

  13. 出土地不明 [sage]05/03/16 00:54:55ID:4sifNsrn

    単に長文が悪いわけでは無いんだよ。
    鬼塚長文は、意味を為す部分が少なく、まとまりの無い長文だから
    ウザいんだよ。

  14. 出土地不明 [sage]05/03/16 08:34:32ID:JbogyhYv

    >>311
    もういいや。話が前にいかないから何キロいっても水辺は水辺だと
    いうことにしておこう。水にアクセスできなくなってから何十キロ
    も先を水辺と呼ぶセンスには正直ついていけないとだけ言っておく。

    で、それがどうしてアクア説につながるわけ?別にしじゅう水に
    ひたっていなくたって水ぐらい飲めるだろ。

    他にも、水分をとる方法が直接水を飲むだけとはかぎらないとか、
    炎天下を全力移動した場合の水分消費をそのまま移動距離の限界
    の計算に使うのはどうしてなんだとか、いろいろつっこみどころ
    はあるが。

  15. 出土地不明 []05/03/16 21:29:46ID:CdPx0XBP

    >>313
    なにげに同意

  16. 出土地不明 []05/03/16 23:26:54ID:Orcr0b00

    >>314
    いや、アクア説の中のごくごく一部の、「人類は水辺に住んでいた」
    というのは、かろうじて通説の範囲に入るっていうことをいいたかった
    だけ。類人猿でも、ボノボとチンプを比べると、ボノボは水が平気で、
    水遊びもするし、水の中を歩くのも得意だが、チンプは水に入るのを
    ことごとくおそれる。ゴリラも水は平気だ。ってことは、すくなくとも、
    初期人類は、ゴリラやボノボなみに、水を怖がらず、中に入ったり
    していたんだろう。だから、水の中で立ち上がったとはいわんが。

  17. 出土地不明 [sage]05/03/17 09:55:36ID:iXqFfiAQ

    >>316
    結局、水から遠く離れて生活していたわけではない、という程度の話
    だろそれは。水場に行く動物のほとんどすべてにあてはまってしまう
    ようでは、情報としては皆無に近い(通説の範囲に入るもへったくれも
    ない)と思うがな。

  18. 出土地不明 []05/03/17 10:56:52ID:7cQNJGYD

    要は
    >>294
    の最後3行が余計だということ。

  19. 出土地不明 []05/03/17 23:26:00ID:ztC/dJoy

    >>317
    うーん、水場にいくすべての動物って基本的にそうだけど、
    でも、人間の場合は、水分の摂取は他の動物よりはずっと
    切実みたいね。塩分についてもそうで、それが肉食に走った
    原因だといわれているけれど。
    にも関わらず、ホモ・エルガスターの段階で、あそこまで、
    長距離走者になった理由についてはいまのところ、ちょっと
    わからん、ってのがあるみたい。

  20. 出土地不明 [sage]05/03/18 00:43:57ID:hLrNTQLb

    ところでその話、おまえが炎天下で大汗かいたという以上の
    根拠がほんとにあるのか?

  21. 出土地不明 [sage]05/03/19 10:41:11ID:DaJl1NKx

    ♪言わずもがなだが
      鬼塚健太郎は
      人の意見をスルーするもの
      言わずもがな
      Your eyes're more gonna・・・
      (ユ ア ズ モ ガナ)
      それ以上でも以下でもないから
      踊っているのさ!!♪

  22. 横レス [sage]05/03/19 10:56:10ID:yejBJcW0

    こ、これは、ギガントロプスでないのか?! 人類学スレ住人必見!

    ドスペ!3月19日(土)よる7時放送
    【藤岡弘、探検シリーズ】 
    「ミャンマー奥地 赤い密林縦走3000km 伝説の野人ナトゥーを追え!!」

    藤岡弘、探検シリーズ公式HP
    ttp://www.tv-asahi.co.jp/tanken/index.html

  23. 出土地不明 []05/03/19 15:15:28ID:vSXJ5q0i

    >>320
    いや、実際に、炎天下での徒歩では、一時間に1リットルだか、
    2リットルの汗をかく、というのは、たしか、ホロビンの本、
    えっと、「天才と分裂病の進化論」だかに書いてあったと思う。
    それだけ高効率な体の冷却法ではあるが、水を大量に使うってこと
    で。こんなに水を使うなら、水辺が生活基盤だったんだろうって
    いうのが、ホロビンの説で、さらにいえば、彼の考え方は、かなり
    アクア説寄りで、チンプと人間を比べた場合の一番大きな違いは、
    人間が脂肪ばっかりだという話(脳、臀部、腹部、皮下脂肪、女性
    の乳房も含む)で、これには、「水に浮くため」ってのもありそう
    だと述べている。

    よーするに、アクア説でモーガンが指摘したことのうちのいくつかは、
    ときに、それほどトンデモ系でない学者の意見の中にも取り込まれる
    ようにはなってきたという点が面白い。
    あと、人間の体毛は、平泳ぎのときの水の流れにそった方向に生えて
    いる、ってのも面白いとは思う。

  24. 出土地不明 [sage]05/03/19 22:02:31ID:mUp4bFGJ

    直立した人間が雨にあたったときに地肌が濡れず早く滴の落ちる毛の生え方と、
    泳いだときに水流が進行方向的に前から後ろに向かって抵抗の少ない毛の生え方と、
    両方とも水が頭から足に向かって抵抗無く流れる毛の生え方だ、そんなに違うこと
    あるまいて。

    それに、暑いときに汗を大量にかくのは、暖温帯に住んでいる人だけ。
    寒冷地の人は暑いところに連れてきてもなかなか汗をかくようにならないし、
    酷暑帯に住む人も暑いときに汗は殆どかかず、すぐに止まる。
    日本人(暖温帯に住む人)も、酷暑帯に連れて行って2年もすると汗あんまし
    かかなくなるというよ。
    それから、水棲生物は汗をかかないし、人間も水に浸かってる間は水に浸かってる
    部分は汗かかないよ。

  25. 出土地不明 []05/03/19 22:13:21ID:F8MtrscM

    >>324
    だから、チンプとかって、毛がまっすぐ下に向かってはえている。
    これは、まさに、雨でも水がどんどん下に落ちるはえかただね。
    ほぼ一定だよ。
    ところが、平泳ぎのときは、肩胛骨のあたりと、尻のあたりで、
    渦ができる。それにそって毛が生えているのが人間なんだと。
    いや、私は別にアクア説じゃないけどさ。これはつねに面白い例
    だと思う。

    あと、人類は基本的にアフリカなので、かなり暑い地域にいたと
    思われるんだね。たとえば、ナリオコトメボーイ(160万年前
    のホモ・エルガスターの少年)は、おおむね現在のツルカナ湖近辺
    の人々と同じ、ひょろひょろの体をしていて、あきらかに、温暖な
    気候向けの体だった。ナリオコトメボーイの段階で、毛が薄くなって
    いたのか、ふさふさしていたのかは、考古学的にはわからないが、
    これほど熱を放散するのに適した体つきだったとすれば、毛がある
    のは矛盾するし、汗もかいただろう。

  26. 出土地不明 [sage]05/03/19 23:02:23ID:OCGX/Gm/

    >ID:vSXJ5q0i
    君の理屈は飛躍がおおきすぎるんだよ。
    どうとでもとれる話をアクア説に強引につないでいるだけ。
    可能性の議論をしているだけだとしても蓋然性がかなり低いと言わざるをえない。

    >>323
    何度もいうようだが、わざわざ炎天下を歩かなくたっていいんだよ。
    長距離移動は涼しい時間、っていうのは人間・野生動物を問わず常識だろ?
    一番効率の悪い行動をもって移動能力の限界を推し量ろうというのが
    もともと無茶。誰かの本に書いてあるとしても、その本がまちがっている
    可能性もあれば、君が勘違いして引用している可能性もある。

    脂肪についても、多いというのは食料がきわめて豊富な状況での話。
    猫だって犬だって食料が十分にあればぶくぶくに太る。現代人の脂肪が
    多いからといって過去に水中で有利であったからだと推定する理由は
    まったくない。

    また、体毛の件についてだが、平泳ぎが19世紀に開発された近代泳法で
    あることは知ってる?数百万年の時を経て再発見したのだとでも?

    「とりいれられている」というのが今まで何度もでてきているが、
    具体的に誰のどの説が誰のどの説にとりいれられたと言ってるの?
    たまたま部分的に似たように見える概念が再登場しているだけのことを
    指してない?

    >>325
    依然として説得力が微塵もないわけだが。
    たった一例が痩せてりゃ温暖気候向き?
    痩せた北方人種がいないとでも?

  27. 出土地不明 []05/03/19 23:22:24ID:rmGy/1nm

    >>326
    だから、私はアクア説じゃないってば。
    でも、チンプよりはより水辺に近いところにいたんじゃないの?
    っていうことだ。ちなみに、発掘された化石の多くは、水辺に近い
    環境だったことも事実だ。

    暑い地域で、熱放散に非常に適した体であったということは、発汗
    もしていただろう、ってことだ。だから、発汗を補うために水も
    必要だし、塩分を補うために、肉食やとくに血が必要だったようだ。
    これらは、ジョハンソンらの説でもある。
    脂肪については、チンプはいくら脂肪分をとっても蓄えられない。
    ついでに言えば、ゴリラは、動物脂肪を摂取すると、死ぬ。
    生まれた赤ん坊はそうとうな栄養状態の悪いところでも、チンプや
    ゴリラよりは脂肪分が多い。それに、栄養状態が悪い場合で、女性の
    体脂肪率が20%を大きく割り込むと、生理が止まって妊娠しなく
    なる。ところが、チンプなどは、体脂肪率は数%だ。

    やせているかどうかについてだが、これは、骨の問題だ。
    手足の長さの問題だ。寒い地域の人々はやせていても、胴長になるし、
    短足だ。これについては、大腿骨と脛骨の長さ比率などで、それが、
    気候との間で大きく相関することが知られている。それで見ると、
    たとえば、ネアンデルタール人は、現代のイヌイットなどよりも、
    極端な寒冷地適応だということがわかっている。
    ちなみに、クロマニョン人もその比率でいくと、完全な南方型だ。
    現代のヨーロッパ人よりは遙かに現代のアフリカ人に近い。
    ナリオコトムボーイの場合は、私はデータを持たないし、また、歩き
    方なども、現代人と多少違うことがわかっている(より歩きやすい
    骨格だったが、産道が小さいので、現代人には無理な体形だ)。
    だから、この場合、大腿骨と脛骨の長さ比較のデータがあっても、
    現代人と対応がつくかどうかはわからん。

  28. 出土地不明 [sage]05/03/19 23:33:34ID:OCGX/Gm/

    >>326
    君自身がアクア説でないのはわかってるさ。
    でも、それらの話のひとつひとつがアクア説と関連があると
    主張しているわけだろ。

    それ以降については、長文を書く前にまず相手の話のポイントが
    どこなのかをおさえてくれと言っておく。はっきりいって、
    まったくピントはずれ。

  29. 出土地不明 []05/03/19 23:42:05ID:dzPP/Ic4

    >>328
    っていうか、アクア説の神髄ともいうべき、モーガンの書籍を
    一応読んだわけだ。で、それなりにアクア説も面白いと思った
    のだが、その後、いろいろな本を読んでみると、アクア説自体は
    むちゃくちゃ批判されているのだが、あっちこっちに、モーガンの
    指摘する、アクア説の証拠となる、とされる要素が見え隠れする。
    そんなのは、アクア説が大々的にでてくる前は、無視されていたか、
    あるいは、全く気がつかれていなかったことなのだが。
    で、アクア説に対する反論のほとんどは、「海辺説」に対するもの
    であって、淡水の水辺に近いところで、という最近の修正アクア説
    に対する批判はほとんど無い。しかも、ときにモーガンの主張をとり
    こんで、自説の強化に使うような本が多いんだよね。
    だから、その意味で、アクア説の中の「面白い部分」については、
    ところどころ、通説に取り込まれたようだ、ということを述べている
    わけ。

  30. 出土地不明 [sage]05/03/19 23:44:02ID:OCGX/Gm/

    >>329
    依然として具体性ゼロだよ。
    誰がどういう説にどう取りこんだと言っているんだ?

  31. 出土地不明 []05/03/19 23:55:46ID:0ytEjR8I

    一番顕著なのは、ホロビンのものかな。もっとも彼は考古学者
    ではないが。たぶん、ホロビンは、隠れアクア説なんだろう。
    他は、っていうと、発汗と水分補給の問題、塩分補給の問題は、
    あっちこっちで目につくな。砂漠などに住む動物は、尿を濃く
    して排出することで、水分をあまり外に出さないようにするとか
    いうあたり、えっと、これは、ジョハンソンあたりも言っているかな。
    とにかく、いろいろなところに、ちらほら目につくってことで。
    最近、いろいろたまった本(既に読んだやつばかりだが)を読み直して
    いるんで、また、みつかったら、報告でもしよう。

  32. 出土地不明 [sage]05/03/20 00:05:09ID:qD7S37kB

    それなりに具体的にはなってきたな。
    ホロピンの説がどうしてアクア説なのかは説明されてないままだし、
    考古学者の説に引用されているという主張の証拠にもなってないけどね。

    水を必要する傾向にあるという話は、別にアクア説との関係を云々しなくても
    出てくる話だと思うし、なんで炎天下の移動が前提になるのかもさっぱりだ。

    個々の主張(他とくらべて水を必要とする、体毛の生えかたがどうこう、温暖
    であることを前提にしている、など)についても事実無根じゃないかと疑って
    いる。

  33. 出土地不明 [sage]05/03/20 00:06:57ID:m4rGolNS

    >>327
    西洋人の「発見」「発明」の観点からすると、15世紀にアメリカ大陸が発見されたのと
    同じように平泳ぎも19世紀に発明されたんだろう。
    或いは、競技のルールブックが出来たのが19世紀か。

    本邦ならば、室町時代の古式泳法にも既に平泳ぎおぼしきものはある。
    生まれて間もない赤ん坊を水に浮かせてみると、かなり高い率で平泳ぎをするよ。
    首が据わるまで赤ん坊の動きは左右対称だから、浮いて息継ぎできても犬かきは
    できないよ。

  34. 出土地不明 [sage]05/03/20 00:18:42ID:qD7S37kB

    無茶な人だなあ。どうやったこういう変なものの考え方ができるんだか。

    >>333
    あのね、「平泳ぎとおぼしきもの」と平泳ぎじゃあ、水流はまったく
    違うってのはわかって言ってるの?
    平泳ぎをはじめとする「頭を沈めて呼吸時だけ顔をだす」という近代泳法は、
    速く泳ぐために19世紀に新しく意図的に開発されたのであって、新大陸の
    「発見」とはわけがちがうよ。

    もっとも、それ以前に、水流にそった形に毛が生えてるという話自体が
    眉唾(おそらく根拠なし)だと俺は思うんだけどね。

  35. 出土地不明 []05/03/20 00:25:24ID:BuYRXhSf

    >>332
    一応、化石が発見されると、発見された地域の地層から、動物相、
    植物相は調べるよね。で、その結果からすると、アフリカの場合は、
    温暖な動物相、植物相であることがわかる。でもって水辺に近い
    地域ってのもわかる。あとは、化石の体の形の解釈だね。普通は、
    頭蓋骨ばかりが見つかるのであって、他の骨はあまりわからないが、
    たまたま、ナリオコトムボーイは、全身の40%以上の骨がみつか
    って、脊椎の椎骨も数個以外は全部見つかった状態。そこで、全身
    の体の形がわかったわけだ。彼は9歳から12歳の少年なのだが、
    まあ、身長も高い(成人すれば180センチくらいとか)で、これが
    160万年前のホモ・エルガスターだからね。アフリカの場合は、
    一貫して、この細身の体が多いようだ。特殊なのはネアンデルタール人
    だろう。

    ホロビンは、精神病理学のイギリスの権威だ。精神分裂病(っていうか
    今では、統合失調症だが)が、人種民族を問わずどこでも1%程度いる
    ってことと、天才の家系に統合失調症がでる例が多いっていうことから
    人間の進化で、統合失調症に関わる数個の遺伝子ができたのでは、と
    いう説だ。そして、この統合失調症にDHAが絡んでいることや、そのほか
    脂肪代謝が人間において他の類人猿とは全然違うことをベースにして、
    「人間の進化の過程に、脂肪代謝の大幅な変化があり、それと統合
    失調症が関係あり」ということをうち立てる。で、その脂肪代謝と、
    脂肪の沈着が激しい人間の特殊性は、部分的に水棲であったことと
    関係するのでは、と主張する。もちろん、淡水で、水浴びが好きだった
    というのが彼の主張だ。当然脂肪が多ければ体が浮くからな。
    そこで部分的にアクア説の面白いところを取り込んでいる。

  36. 出土地不明 []05/03/20 00:31:43ID:Um0Halqc

    >>333
    もし、平泳ぎが人間に特有の泳ぎ方であるとすれば、とくに、赤ん坊
    もやるとか、ってことなら、これは非常に面白い話だよね。
    平泳ぎそのものよりは、重要なのは、手足が左右で対称にでる泳ぎ方
    ってことだ。馬でも象でも、犬でもブタでも、カバでも普通の四足
    歩行動物は、すべて、犬かきが基本だ。つまり、左右非対称な泳ぎだね。
    左右対称な泳ぎってのは、実は、カワウソとか、あとは海獣類ぐらい
    に限られる。簡単にいえば、かなり頻繁によく泳ぐ哺乳類だけが、
    左右対称の手足の出し方で泳ぐ。もちろん、哺乳類以外ってのも考える
    とやっぱり体をくねらせるか(ウミヘビでもワニでもいいけど、魚も
    そうだな)、足をぱたぱたやるか(海鳥、白鳥、鴨でもいいや)だろ。
    両足そろえて、すいすいとか、そういうのはないねぇ。
    やっぱり、人間アクア説じゃなくても、泳ぎは好きだったんじゃないの
    かな。

  37. 出土地不明 [sage]05/03/20 22:44:56ID:ceA1Ew9Z

    >>335
    なるほど。それはわかった。

    しかしながら、考古学でも人類学でも生物学でもない精神病理学者が語ってる
    あたり、トンデモの香りがぷんぷんするけど。「まともな学者もとりいれて
    る」っていう証拠にはならんような。

    >>336
    単に赤ん坊が手足をばたつかせるのを勝手に「平泳ぎ」と思ってるだけ。
    この手の恣意的解釈による類似を主張するのは疑似科学の論法に他ならない。
    実際に赤ん坊がばたつかせるのを見ると、対称でもなんでもないことは
    すぐにわかる。

  38. 出土地不明 []05/03/21 00:39:54ID:mgtXvxi2

    以下、鬼塚健太郎の発言。

    >エロゲーは、一時期素晴らしい時代があったんだよ。
    >その時代にはまった。1996年ごろからだな。
    >まあ、簡単にいえば、リーフ系だが。いまはやらんけどね。
    >まあ、すれたいとも違うので、このあたりでやめておこう。
    >知らないやつは知らないでよいが、人生損していると思うぞ。
    >とはいえ、萌え萌えジャパンはヒットしているらしい。

    職場で白い目で見られているのは間違いない。
    いずれ別件解雇。

  39. 出土地不明 []05/03/21 01:37:44ID:dMmk7S9N

    >>337
    まあ、ホロビンの話は、よいとして、

    赤ん坊が、水の中で、手をばたばた足をばたばた、ってときにだ、
    もし、左右が対称にばたばた、ってことなら、これはかなり不思議
    な現象だと思うぞ。そのあたりの研究があれば面白いのだが。

    よくしられているように、新生児でも、足の裏が地面なりにくっつく
    ように支えて立たせると、自然と二足歩行をするような足の運びを
    する。この場合は、当然、カンガルーじゃあるまいし、左右の足は
    交互にでる。
    ところが、泳ぐときには、どうか、ってことだね。交互にでるなら、
    新生児のときからの非常に自然な行動。でも、左右対称なら、それは
    非常に面白いことになる。哺乳類では、非常に泳ぎが上手であるもの
    はみな左右対称の体の動きで泳ぐが、そうでないのは、みな犬かきを
    する。

    >>338
    あほな。いっておくが、パピアちゃんの絵は、職場の上司の命令で、
    40時間もかけて、絵を描いたのだ。正直やりたくなかったが、
    現在ではとっても偉い人が当時私の上司で、描かせたわけだ。
    萌え萌えジャパンは、既に、社会の上層部からなにからに浸透してい
    る。むしろ、そういうことを全くしらんやつこそ、「おまえモノを
    しらないな」で白い目で見られることすらあるってことだ。わかるか?
    え?自分の性格からしても、私は趣味を全く上司に隠すことなく、
    どうどうと公表し、しかもそこから得られる有益な話をフィードバック
    しているぞ。世の中わかってないなー。

  40. 出土地不明 []2005/03/21(月) 06:57:52ID:1dW3gJWd

    >>339
    社会の上層部に浸透しているのなら

    小泉や安倍 ブッシュやライスは知っているのか?(ぷ

    なわけないだろがタコが!

    いやー 鬼塚健太郎は毎度笑かしてくれるよな!

    笑いすぎてこっちは腹筋が痛ぇーよ!

    おまえ 脳みそに蛆が涌きすぎだよ(げら

    これで鬼塚健太郎の脳内は妄想だらけであり

    視野が世間一般人より狭いことが実証された

    やはり余った皮にチンカスがたまったキチガイのことだけはあるな

    鬼塚健太郎=アニオタ=エロゲーオタ=包茎=エロフィギュアオタ=コスプレオタ=女から相手にされない男=ロリコン犯罪者予備軍という図式にピタリと合致!

    世間からは鬼塚が非常に危険な人種(珍獣)として認識され社会上層部まで浸透する日も近い

    また 鬼塚系オタのような存在が善良な一般人の不快感を煽り

    今後社会問題化する可能性もあるので

    社会に向かって警鐘を鳴らす必要性があるだろう


    しかし職場の上司も揃ってキモオタクで良かったな!鬼塚!

    一般人の目障りだから

    今後はオタ二人だけで見えないとこでやれ!

    ゲロキモイんだよ!この汚バカ!

  41. 出土地不明 []2005/03/21(月) 16:41:00ID:abhqPYPg

    http://www.minghui.jp/2001/12/26/sltk_011226_1.htm

    考古学者は進化の過程において、異なる種の生物の間を繋ぐ種族を見いだせないがために、四方八方を探索した結果、数百万年前、
    数十億年前の高度な文明を持った遺跡を発見した。進化論によると、その時代において人間は猿にもなっておらず、ではその文明はどこから来たのであろうか?
    従って、現代考古学者の眼をかりると、人類の歴史は誕生と滅亡を繰り返したものとなる。現代における分子生物学も100パーセント進化論を否定している


    >数百万年前、
    >数十億年前の高度な文明を持った遺跡を発見した

    ↑ほんとかよっ!!!事実だったら大ニュースだろ。詳しく知ってるやつ居る?

  42. 出土地不明 [sage]2005/03/21(月) 19:55:08ID:SAd+qYNM

    >>334
    伊勢の尼さんも、伊賀の忍者も、兵庫水軍の水遁術も、その定義に則った平泳じゃん。
    単にキリスト教圏白人が知らなかった、19世紀に初めて知った、レベルだろ。
    15世紀に初めて新大陸に到達して「発見」し航路を発明したのと同じレベルじゃんん。

  43. 出土地不明 [sage]2005/03/21(月) 20:10:38ID:SAd+qYNM

    >>336
    カワウソの泳ぎは体を左右にくねらせて泳ぐ、蛇や魚と同じ形式の左右非対称な泳ぎ方なんだが。
    海獣でも海牛類や鯨類は左右対称だが、海狗類は左右非対象で泳ぐ。

    >>337
    赤ん坊をしっかり見たことないんだろ?
    人間の場合は、首が据わるまで手足は右左同時に同じことしかできないぞ。
    多かれ少なかれ哺乳類の赤ん坊には同じ傾向があって、生まれて小半刻で立って走り回る
    有蹄類の子でも、最初は左右同時に動くのを立つまでに非対称な動きを身につける。

  44. 出土地不明 []2005/03/21(月) 21:03:52ID:Kq9oHpZT

    >>343
    すみません、海狗類ってなんですか?
    カワウソとか後、なんですか?

  45. 出土地不明 []2005/03/21(月) 21:15:59ID:qrYxWhM8

    >>343
    ってか、カワウソなどの場合、犬かきとはちがって、体はくねらせるが、
    足が水をかくときのタイミングはほぼ一致ってやつだね。
    つまり、これが重要なんだよね。犬かきは、完全に左右非対称。
    前足も後ろ足も、ともに、左右がでるタイミングが違う。
    象については、ギャロップができないからよいとしても、ギャロップが
    できるたいがいの四足動物、馬、犬、猫の類も、水中では、ギャロップ
    とは違う。ギャロップの場合は、左右の足のだしかたは前足も後ろあし
    も多少はずれるが、かなりそろった感じに近くなる。ところが、水中
    では、そうではない。
    一方、カワウソなどの泳ぎ方は、ギャロップに近いタイミングだね。
    人間の、たとえば、日本の古泳法の抜き手などもそうなのだが、
    左右の足が、水を蹴るタイミングが、左右のずれはあってもだいたい
    同じだ。完全に違うのは、クロールくらいだろ。あとは立ち泳ぎも
    違うかな。まあ、そういうわけで、人間の場合、かなり泳ぎが上手な
    部類の動物にはなるのでは、と思う。それだけだ。
    だから、アクア説がどうの、というつもりはない。たんに、霊長類の
    中では、とりわけ水に親しむ傾向が強いということだけだ。

  46. 出土地不明 [sage]2005/03/21(月) 23:03:12ID:FZ0AUVz0

    またそういう嘘を平然と。

  47. 出土地不明 [sage]2005/03/22(火) 13:03:57ID:mdfgmbcB

    アクア説を取り入れなきゃ、
    人類の進化の正当性を説明するのは無理

  48. 出土地不明 [sage]2005/03/22(火) 13:04:29ID:P+o67Iuz

    海狗類とはなぁ、アザラシとかアシカとかの類だよ。

  49. 出土地不明 []2005/03/22(火) 16:47:26ID:54JMBAw+

    >>347
    だから、何で?

  50. 出土地不明 [sage]2005/03/22(火) 21:04:30ID:Hz6XECIE

    >>343
    なんでいきなり首がすわる前の話がはじまるんだ。
    で、首がすわる前なら平泳ぎなのか?

1-51-101-151-201-251-301-351-401-451-501-551-601-651-701-751-801-851-901-951-全部
関連するページβ考古学をMMR風に騙るスレ (1~1,001)考古学を学べる大学 (651~700)考古学=墓荒らし (1~1,001)印欧語歴史的雑談スレ(考古学もあり) (1~1,001)人類の将来は考古学の研究にかかっている (1~1,001)考古学を学べる大学 (401~450)【学生減】考古学就職スレ【募集増】 (1~1,001)日本人どこから来たんだ?23 (1~1,001)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet